>

痛みのない虫歯治療の最新情報

レーザー治療で歯を削らずに治療する

虫歯を治療する際、従来は健康な部分も大きく削っていました。この削る作業が神経に影響するために強い痛みを感じ、苦痛を伴いました。それにより歯科は敬遠されがちでした。
しかし最近では、ほとんど削らないか全く削らない治療に変わってきました。その一つが、レーザーによる治療です。
さまざまな歯科用のレーザー治療器が開発されて、歯科医院に取り入れられています。
このレーザー治療では、虫歯部分だけを効果的に治療でき、歯を削る量を最小限にとどめます。レーザーの光を当てることで麻酔効果もあり、痛みがない、またはとても少ない治療を行うことができます。歯を削る際の音や振動などの不快感もありません。
また、麻酔を使わないので、アレルギー体質の人や妊娠中の人、高血圧や人工透析をしている人にとっても安心です。

歯周病を治療して歯を抜かずに守る

歯を失う一番の理由は歯周病です。
歯周病とは、歯と歯肉の間の歯周ポケットに歯垢やばい菌が入って炎症が起きて悪化し、歯を支えている組織が破壊され始めた状態です。ひどくなると歯が抜けてしまいます。
歯周病を積極的に治療すれば、歯を抜くことがほとんどなくなります。そして、歯周病は薬やレーザーで治療でき、痛みがほとんどありません。
歯周病の治療は、初期の段階では内服薬や歯磨きが有効です。
また、レーザーを歯周ポケットに当てて歯周病菌を滅菌する治療方法もあります。
どちらも痛みがない治療です。
歯茎が赤くなったり、変色していたり、歯茎から血が出たり、口臭がひどくなったりなど、気になるところがあれば、できるだけ早い段階で歯科医院に行ってみましょう。


この記事をシェアする