>

麻酔を使って痛くない虫歯治療

痛くない局所麻酔が主流になってきた

虫歯がひどくなると、やはり削って治療する必要があります。その場合に部分的に痛みを鈍らせるのが局所麻酔です。しかし、多くの人がこの麻酔注射を痛いと思っています。
近年、「麻酔が痛い」という意見に麻酔の仕方も変わってきました。
局所注射の前の段階に、ペースト状の麻酔薬を歯茎に塗る方法があります。第一ステップの「表面麻酔」です。これにより、歯茎に注射する痛みがおさえられます。この麻酔が効いてから、第二ステップの「局所麻酔」に進み、極細の注射針で麻酔を歯肉に注射します。注射するときも、電動麻酔器で温度や注入速度をコントロールして注入する歯科医院もあります。
十分に麻酔が効いた状態で虫歯治療を行えば、痛みを感じることはありません。

笑気麻酔で治療の不安を意識せず

小さな子どもや歯科治療が怖くてたまらないなど強い不安を抱えている人の場合、円滑に歯科治療を行うために笑気麻酔を使う方法があります。
鼻にマスクを載せて笑気麻酔を吸入します。この麻酔を使うと、意識は失いませんが、少しボーッとしてリラックスした状態になります。治療に対する恐怖心や不安も薄れます。笑気麻酔が効いた状態で局所麻酔をし、虫歯治療を行います。笑気麻酔の吸入をやめると、数十秒で意識がはっきりします。そして患者本人はいつの間にか虫歯治療が終わっていたという感覚になります。
ただし、妊娠初期には笑気麻酔による催奇形作用の報告があるため、妊娠している人は歯科医にしっかりと情報を伝え、使わないよう注意しましょう。


この記事をシェアする